Glasses BLOG

合ってないと思ったらびっくりだった

2014/06/18

眼鏡が合ってないと思いながら、我慢して使い続けている方も多いかもしれません。近視の眼鏡が合っていないと感じたときは、早めに眼科で検査を受けることをおすすめします。眼鏡が合わなくなる原因として多くみられるのは、近視の度数が進んできたことや、乱視が出てきたこと、また、年齢が上がると老眼が出てきたことなどもよくみられます。こうした場合、早めに自分に合った度数に調整してもらうことで、目の疲れを緩和することができます。また、眼鏡をぶつけたりしてフレームがゆがんだ状態で使い続けていても、違和感を感じることがあります。さらに、度数が合わないせいだと考えていたら、目の病気が隠れていたということもあります。ドライアイや網膜円孔などの病気でも、目の疲労感を感じることが多いものです。また、眼圧が高いことが検査で分かる人も多いものです。意外な原因が見つかることもありますから、目に違和感を感じたら、放置せずに早めに受診するとよいでしょう。

視力低下で眼鏡だけど好みが

2014/06/18

眼鏡を装着すると近視の症状が早く進むという症状が出てきます。しかも子供の視力低下は大人と比べて3倍のスピードで進むのです。その理由は近視矯正のための眼鏡というのは、遠方視用であるために長時間近くを見ていると毛様体に大きなストレスがかかるからです。近視は近くなら見やすいのですから、近くを見る時はなるべく眼鏡を使わずに見るようにすれば眼精疲労と視力の低下を予防できます。義務教育中の子供ならば黒板の文字と手元の文字を見るという往復運動を行うことで視力への影響は少なくて済みます。従って授業中以外では眼鏡を使わずに裸眼で生活する方が視力低下を防げるのです。近くのものを見るのも顔をかなり近づけなければ見えないような強度の近視の場合は、度数の弱い近視用を装着すれば視力低下を防ぐことができます。遠視に関しては眼科医の指示に従って、10歳までには遠視矯正用のものを使用することで弱視を改善することは可能です。

眼鏡姿はあんまり

2014/06/18

世の中には眼鏡をかけた人を好きな人は大勢います。知的に見えますし、女性ならば可愛くみえたりもしますから、眼鏡っ子好きの男性も多いのです。しかし、眼鏡姿をあまり好きではないという人がいるのも確かです。特に、自分の眼鏡姿がどうしても気に入らず、視力が悪くてもできればかけたくないとか、なるべくコンタクトレンズを使いたいと考える人も多いのです。そして、コンタクトレンズが合わなかったり目に負担がかかる等の理由から、自分では気に入らないまま我慢して眼鏡を使っている方もいるかもしれません。しかし、自分の眼鏡姿はあんまり、と考えていても他の人からは素敵に見えている場合もありますので、他の人の意見を訊いてみると良いでしょう。そして、似合っていないならばもっと自分に合ったものを探すのがおすすめです。眼鏡があんまり似合わないのではなく、その品がちゃんと合っていないだけかもしれないからです。人によって顔の幅や輪郭、眉毛の形、雰囲気が異なりますから似合うものは違ってきますが、色々な形や色、素材の異なる製品が数えきれないほどありますから、きっと似合うものが見つかるはずです。