合ってないと思ったらびっくりだった

2014/06/18

眼鏡が合ってないと思いながら、我慢して使い続けている方も多いかもしれません。近視の眼鏡が合っていないと感じたときは、早めに眼科で検査を受けることをおすすめします。眼鏡が合わなくなる原因として多くみられるのは、近視の度数が進んできたことや、乱視が出てきたこと、また、年齢が上がると老眼が出てきたことなどもよくみられます。こうした場合、早めに自分に合った度数に調整してもらうことで、目の疲れを緩和することができます。また、眼鏡をぶつけたりしてフレームがゆがんだ状態で使い続けていても、違和感を感じることがあります。さらに、度数が合わないせいだと考えていたら、目の病気が隠れていたということもあります。ドライアイや網膜円孔などの病気でも、目の疲労感を感じることが多いものです。また、眼圧が高いことが検査で分かる人も多いものです。意外な原因が見つかることもありますから、目に違和感を感じたら、放置せずに早めに受診するとよいでしょう。