眼鏡店で使い分けを

若いときから眼鏡のお世話になってる方は、眼鏡のわずらわしさをそれほど感じないで済むのかも知れませんが、年を取り、ものが見えにくくなってから眼医者に行き、お年ですからと言われ、老眼鏡をかけるとなるとわずらわしさと悲しさを一緒に味わうこととなります。 コンタクトレンズのことはさておいて、眼鏡のお世話になることになってからは、今の眼鏡は自分の目にちゃんと合ったものかを眼鏡店で確認することが大切です。最初に作ってから何年か経過すると、老眼の度合いが進み、見えにくくなるからです。 無理をしてそのままでいると、目にとって負担がかかりかえってよくない結果招来してしまいます。 眼鏡店に行けば、ほとんどのお店が無料で検査してくれます。度数はもちろんですが、遠視、近視、乱視の状況もわずかの時間でわかります。そして何よりもありがたいのは、眼鏡の主な使用目的、読書や新聞を読むことだけなのか、歩行のときはどうなのか、などを確認し、用途に応じた眼鏡を作ってくれます。 たとえば、読書だけなら老眼用でいいわけですが、遠視や乱視もある場合は、歩行のときにそれ用の遠近両用をかけている方が目のためにいいという具合です。 昨今は老いも若きもパソコンなしで生活できなくなってきましたが、逆にパソコン作業のときは遠近両用では不便です。遠く用のレンズ部分でパソコン画面を見ると焦点が合いません。仕方なく、顎を挙げて近く用のレンズ部分で見ることとなります。 やはりパソコン作業は一つのレンズでした方が便利ですし、逆に講習会なので勉強するときは講師も受講生も遠近両用の 方がが便利です。 使う目的によって眼鏡を使い分けるのが一番です。だから、目的と自分の目に合ったものを一つでなく、最低でも二つ用意したいものです。 今、パソコン作業ではデジタル機器固有の波長の長いブルーライトが目に疲れを与え、よくないとされ、それ用のものが開発されていますが、こちらも度数で対応するものもあります。 これからの人生をエンジョイするためにも、合っているものを使い分けて使うことをお奨めします。